女ザコ

死の危険が高まると性欲が高まる

女ザコ

死の危険が高まると性欲が高まる。
人間は死の恐怖を感じると性欲が高まる傾向にある。

死の危険を感じると事で原始的な欲求が呼び起こされる。
つまり、種の保存欲求が心にあらわれるという事であろう。
(ただ、死の危険による性欲の高まりについては、男女間で差があるという説もある)

生きるか死ぬかの状況はあらゆる本能を呼び起こす

生きるか死ぬかの状況はあらゆる原始的な欲求を呼び覚ます。

これは経験した者ならわかる単純な話だ。逆に平和な国に生きる者には実感しづらい話だろう。
綺麗好きの純粋真っ直ぐな人間にとっては、嫌悪される事実でもある。

死の危険が高い国の出生率


死の危険が高い国は出生率が高い傾向にある。
逆に平和な先進国では出生率が低い。

これには人権の保障や様々な因果がある。
ただ、その中の一つ、人間の特徴として「生命の危険を感じると性欲が高まる」という特徴がある。
無論出生率の高さは娯楽の少なさ(身も蓋もない言い方をすればセックスくらいしか娯楽がない等)
子供が働き手として社会に出られる(子供の存在が親にとって経済的に負担にあまりならない)等の複合的な
要素がある。働く子供が多いのは出生率の高さに大いに関係あるだろう。
まじめな話、出世率の課題は複雑である。

ただ、出生率が高い国は死の危険が高い国が多い傾向にあるという事は留意してもいいだろう。

死の危険性が高い女ザコ達

女ザコ

風守の人間は常に死の危険にさらされている環境下の人間や、風守の配下の下忍くノ一や、敵の女戦闘員など
女ザコ。これら死の危険がある者は特にあてはまっているといっていい。
女ザコに関する詳細な解説はこちら

死の危険を感じる環境にさらされると、種の保存欲求等の人間の本能疼いてくるのかもしれない。
超人ならいざしらず、凡庸な人間ならこれらの本能に基づいた感情の動きが予想される。つまり死の危険にさらされているため
性欲が高まるという事である。
そして彼女達女ザコは基本、凡庸である。

本能的な欲求を満たす事による効果も

ごく一部の例である。
獣の様に激しく交わる事で死の危険に際して身を守る力が増すと者もいるという。

 

吊り橋効果との関連性


吊り橋効果に似ているのかもしれない。
吊り橋効果とは一言でいうと「共に危険を過ごした相手に恋愛感情を抱きやすい」という
事である。

◎ 誰かと(異性)一緒にいる時に危ない目にあう→感情が昂ぶる(ドキドキする)→ドキドキを恋愛感情と認識する。

という流れである。

◎ 危険になると性欲が高まる
◎ 共に危険を過ごした相手に恋愛感情を覚える(ドキドキする)

この吊り橋効果との相乗効果でより性欲が高まると感じるようになるのかもしれない。
人間は恋愛感情と本能を区分しづらいという事であるのかもしれない。

敵が相手でも生まれ得る?


女ザコ

◎ 死の危険に際して性欲が高まる。
◎ 吊り橋効果
◎ 人間は恋愛感情と本能を区分しづらいという事であるのかもしれない。

これらの事を考えるに、共に過ごす相手は必ずしも協力関係に類しなくてもいい。
(もちろん、人による)
これは共に過ごすというのは敵も含まれると考えるのが自然だろう。

同様の混同は性欲の昂ぶりは、たとえ敵同士でも起こるだろう。
恋愛感情に近い感情に繋がるという話もありえるだろう。古今東西の古き英雄嘆に出てくる英雄を例にあげると枚挙に暇がない。
敵対した打ち倒し、倒した女と交わり、子を成すという事は古来の英雄の逸話に多数存在する。
無論、たんなる性欲の昂ぶりのみが原因というわけではない。
様々な要因の中の一つに今回あげたものが含まれているという可能性の話に過ぎない。

ただ、実際死を接する敵同士である。当然極限の緊張下にある。否がおうにも心拍数も高まるだろう。
それが性欲の高まりと結びつく可能性は高い。

敵の女ザコとそういう事になる可能性も高いといえるだろう。

死の危険を伴う戦いの後、相手の女ザコとエッチ

命に関わる戦いの後、性欲のまま女ザコと体をぶつけ合う

敵の女ザコとの戦いは基本的に、生死に関わるものである。
殺るか殺されるか、である。それは興奮を著しく高めるだろう。

戦いの後、止めをささずに女ザコとエッチする事もありえるといえる。

死を作る戦いをした後に、命を作る性行為をする。
これも人間の業というものかもしれない。

無論性欲の高まる事が全ての原因ではないだろう。だが死の険を伴う戦いによる生理的興奮。
それが及ぼす心理的影響は一考する余地がある。

神話にも、倒した女と交わった例がある

異性間で戦った後に、その相手と交わる。

そういう事は、過去の神話をひもといても類例が散見される。

例えば北欧の有名な槍の英雄。

彼は戦いの後にある女の敵を倒し、これを倒した。
その後、倒した女と交わり子を成したという逸話がある。アニキ半端ねぇっす

このように、異性間で死を伴う戦いの後、子を成す様な交わりが発生する事があるという事。
それは人間の歴史において長く、多くの人に語り継がれてきた神話や逸話にも類例があるのだ。

事実として知っておいてもいいだろう。

 


総括


死の危険に晒されると性欲が高まる。(原始的な本能が呼び起こされる)。

配下の下忍くノ一や、敵の女戦闘員は思いっきりこれに該当する。

敵との戦いでも相手が魅力的な異性なら、先述した心の動きが働く可能性が高い。

よって、下忍昇天やその他、女ザコ関係の感情の動きは、今回記した人間の原始的本能に基づいたものも混ざっている可能性が高い。


 

 

 

 




 


※ 関連リンク

悠久の風

下忍昇天

死屍累々

女ザコ

女ザコ(ブログ)

 

© 2013 独立部隊. All rights reserved.

内容は予告無く変更される事があります

悠久の風