女ザコ



死屍累々

 

死屍累々

死屍累々とは、多くの死体が散らばっていたり、積み重なっている様子を表している。

屍とは死体を表す。
累々とは、同じようなものが続くさま、積み重なるような事を表す。

つまり死屍累々とは、多くの死体が転がり積み重なった様子である。
ザコの場合は、強敵と戦い負けて、累々と屍が転がり、死屍累々の有様になる事が多い。

まるで女体ヶ原……

 

ウヨウヨでてくる巨乳美女達

 

ウヨウヨでてくる巨乳美女達

巨乳美女達がウヨウヨでてきて襲いかかってくる様子はある種壮観である。

だが、女ザコゆえにウヨウヨでてきて

バタバタやられる 

バタバタやられるのだ。

バタバタやられた巨乳美女達が転がる光景は、死屍累々の女体ヶ原のようである。
女体ヶ原の一部となった巨乳美女達。 誰にやられたか、どういうやられ方をしたかで転がる彼女達の様子は様々。逝ってしまい、ピクリとも動かない者もいれば。

ドピュドピュと失禁し、尿を垂れ流す者も。

ピクピクと虫けらのように手足を痙攣させる巨乳美女も。ピクピク痙攣した後、最後にはガクリとなる。

死屍累々である。

正に下忍昇天である。

死屍累々の魔物との戦い

女豹のポーズ

死屍累々の戦い。

大乱戦の中、魔物に次々と屠られていく配下のくノ一達。

配下の巨乳美女達が次々と屠られ、只の肉塊に変わっていく……

あるくノ一は健気にも魔物に後ろから肉弾戦を挑もうとしている。

だが、彼女もこのままでは数秒後には累々と転がる肉塊の仲間になってしまうだろう……

濃厚な死と血の匂いが漂う部屋はまるで屠殺場の有様だった。

手前のくノ一二人は息を飲みながらも、女豹のような構えから一気に魔物へとびかかろうとしている。

だが彼女達もまた、このままでは部屋に転がる死体の仲間となるだろう……

 



凄惨な死屍累々

死屍累々

やられてしまった配下の下忍くノ一達。
死屍累々

【女ザコ】下忍昇天でもたくさん、死屍累々の様子が描かれる。
やられてしまった、巨乳美女がわんさか転がっている状況。
ここまでの数の屍が転がっていると人間というよりモノという気になってくるだろう。

このあたりは「やられ」に似たものがあるのだろう。
配下のくノ一達は魅了する戦術を使うだけあって、見目麗しい者や巨乳美女が多い。
それらの巨乳美女が、死体という物体に成り下がり、累々と転がっている様は悲哀や切なさがより一層募る感がある。

やはり女ザコと死屍累々はなにかと関連性が高いのかもしれない。

死屍累々の戦場はあまりに悲惨である。

主人公の選択によって、このような死屍累々の結末を変える事ができるかもしれない。

 

死んでない状況でも使われる事もある

酷たらしい状況や表すために、死体がない様な
状況でも死屍累々の言葉が使われる事もある。

死んでいなくても酷たらしい状況を指して、死屍累々という
言葉が使われる事がある。
実際死んではいないが、多くの犠牲者が出た状況をさして
死屍累々と表現する事があるという事だ。

 

 

配下の下忍くノ一は主との訓練


訓練が終わった。

場所はさながら死屍累々だった。
倒れふす、数多くの下忍くノ一達。
大きな乳の美女達が息を切らして倒れていた。
ハァハァと息を吐きながらぐったりと倒れている。
累々と配下の下忍くノ一達が倒れふす様相は女体ヶ原のようだった。

配下の女達は豊満な四肢を投げ出し、ぐったりとしていた。
汗だくになった肉体からは玉の様な汗が浮き上がり、
濡れた唇からは、ハァ、ハァと荒い息を吐いている。
息を弾ませる度に大きな乳が膨らむように揺れる。
ピクピクと痙攣するくノ一もいた。体が爆発してしまうのではないのかと思うほど大きな乳が、
ブルンブルンと揺れる。ピクピクッ! ピクピクッ!と痙攣する度に大きな乳がブルリと揺れる
当然ながら、死んでいない。
今回の訓練は、できるだけ女達の死亡率を減らすための側面も有しているのだ。
激しい戦闘なのでついやり過ぎた所もあるようだが。
個人的にはもう少し訓練したい所だ。
ただ、これ以上は彼女達のためにもよくないだろう。
今日の訓練はこれ位にしておいてやろう。
そう言って、改めて
死屍累々の様相を呈している訓練場を見回した。

このように、死んでいない状態でも死屍累々という言葉を使う事がある。

その他

商品の売り上げが著しく悪かった事を「爆死」と呼ぶ事もあるように、
死屍累々という言葉も本来の言意とは違うニュアンスで使われる。
この辺りも日本語の奥深さなのかもしれない。多分。

※ 関連リンク

女ザコ

女ザコ(ブログ)

悠久の風

下忍昇天

 

© 2013 独立部隊. All rights reserved.

内容は予告無く変更される事があります

悠久の風