女ザコ


ヒップアタック

 

ヒップアタック

ヒップアタック。その名の通り、お尻での攻撃である。
ヒップアタックとは格闘技の技の一つである。
お尻を相手の顔面などに向けて叩き込む技である
臀部をぶつけ相手を怯ませる。ボリュームのあるお尻だと強く相手を押す効果もある。

魅了効果もある。

下忍くノ一のヒップアタックについて

下忍くノ一のヒップアタック。

名称は飛桃。飛苗桃など。

◎命中率が高い
◎魅了効果あり

魅了攻撃としても使える。

殺気が薄い、打点が広い(お尻が大きい女の場合は特に)ため、命中率が高い。

 



くノ一のヒップアタック!

下忍くノ一のお色気攻撃 ヒップアタック

ヒップアタックをはなつ下忍くノ一。

下忍くノ一のお色気攻撃 ヒップアタック

 

豊満なお尻が徐々に近づいてくる。

近づく尻

眼前に広がってくる下忍くノ一のヒップ

近づく尻

パツンパツンの桃のようなヒップが目の前に!
そして……

近づく尻



ヒット!
ヒップアタックが直撃!!

ダメージをくらう。確率で魅了効果も付与される。

特別企画 ヒップアタックのコツについて、配下のくノ一に答えさせる

「ヒップアタックのコツ……飛桃。飛苗桃のようなお尻を使った攻撃に類する事についてという解釈でよろしいでしょうか?」

「承りました。主様のご命令とあればなんなりとお答えします」

「必要なのはやはり勢いでしょうか。勢いがあればあたりやすくなります」

「基本的に、私め達の力は相手より劣っている事が多いです。
通常攻撃があたらない事も多々。しかし、ヒップアタックならあてる事が多いです」

「要因としては『殺気の薄さ』と『打点の広さ』でしょう。打点の広さについては
お尻が小さい者だとそこまでではないのですが……お尻が大きければ打点の広さという利点も大きいかと」

「殺気が薄いのもあたりやすさの一つだと思います。人間は殺気に敏感ですし、殺気から攻撃の軌道をよむ練達の
者もいます。練達の者が相手の場合、からめ手でないと私め達は勝てません。
殺気の薄い攻撃は相手の読みを狂わせるのであたりやすいのです」

「また、別の要因を強く推す方もいらっしぃます。曰く『男なら美女の尻に埋もれたい。避けられないんじゃない、避けないのだ!!』
っと……つまり、本能的な男の欲望が攻撃を受ける方向に傾くと」

「無論、これがすべての要因ではないでしょう。ですが相手によっては、大なり小なり、そういう効果もあります。
否定はいたしません。力で劣る私め達には必要な事です。力で劣る私め達が女の魅力を使うのは私め達はもちろん、ヘルヘブン女戦闘員
達なども同様でしょう。むしろ、ここで遅れをとるわけにはいきません」

「申し訳ありません、少し話がズレてしまいましたね。ヒップアタックの有用性は「打点の広さ」「殺気の薄さ」そして
『女の魅力』これらの要素があるでしょう」

「単純な威力もあなどれません。尾てい骨ですからね、勢い次第で大きなダメージになります。そういう点では女性以外が
使ってもよい技といえるでしょう」

「私め達のヒップアタックも攻撃力はあります。そして、もう一つ、期待できる効果は要因は魅了効果の付与でしょうか」

「魅了を目的として専用の術のようにハマるというわけではありませんが、攻撃と同時に魅了効果も付与できる。
これは有用です。
ヒップアタックのようなお尻を使った技は戦闘能力の低い私め達にとって、有効な技といえるでしょう」

【顔面】くノ一のヒップアタック! 桃尻が顔面に直撃!!

「やああぁぁぁっ!」

下忍くノ一が、ヒップアタックを放った!!

思いっきり尻を突き出し、五体投げ出すように飛翔する。

乱戦の中、放たれたヒップアタック。殺気をみなぎらせる攻撃は軌道も読めるが
くノ一のこの攻撃は殺気が薄く、反応が遅れやすい。
また、打点も広いためあたりやすいのだ。そして……

いいケツだ

(いいケツだ)

あたりたくなってしまうのだ。埋めたくなってしまうのだ、下忍くノ一は下っ端だが乳はでかく
尻もでかいのだ。

そんな事を考えているうちに、尻が迫ってきて……

ぼふっ!

顔面に直撃した!!

(や、柔らかい)

包み込むような安産型のヒップが顔面にめり込む。
むぎゅうぅぅっと肉厚の尻が深々と俺の顔に突き刺さった。

思った以上の勢いだ。

「やあああぁぁぁっ!!」

真剣な声音で、くノ一がかけ声をあげる。
普段は女ザコ、十把一絡げにあしらわれる下忍くノ一としては、この攻撃のヒットは
大金星といえる働きだろう。

そのままグイグイと、むちむちの柔らかい尻が、俺の顔に押しつけられる。

これは……たまらないな!!

ヒップアタックを股間で受ける!

「ヤアアァ!!」

くノ一がかけ声をあげた。

グラマラスな肉体を捨て身で投げ出すように、下忍くノ一がヒップアタックをくりだした!!

安産型のヒップが迫る。

(ぶちこみたくなる尻だな……)

思わずそう思う。下忍くノ一は下っ端だが乳と尻はでかい下忍くノ一。戦わずに子作りしてたほうがいい気がする。

そんな事を考えていると……

ボフウゥっ!

ヒップアタックが直撃する。柔らかい尻の感触があった。
魅惑的な肉体の感触。

「ハイッ! ハイッ! ハイッ!」

かけ声をあげる下忍くノ一。女ザコといえるこのくノ一達が攻撃をクリーンヒットさせる事はあまりない。
この機会にたたみかけるといわんばかりに、グイグイと肉体を押しつけてくる。

グイグイとグラマー美女が、桃尻を俺の体に押しつける。そのたびに、安産型の尻の感触が広がる。

(まずい……)

股間が……大きくなってきた。

(この大きくなってきたものを……)

このくノ一のケツにぶちこみたい

くノ一のヒップアタックは魅了効果も有している。性欲が……昂ぶる!!

俺は軽く反撃した。

「くぅっ……」

軽い攻撃だったが、くノ一は結構なダメージだったらしい。

「やああぁぁぁっ!!」

くノ一が攻撃をしかけてきた。
ヒップアタックではない、通常攻撃。
俺はくノ一の攻撃を軽々とかわす。

「くぅぅっ……」

男との力の差を思い知る女。
やはり通常攻撃では全く勝ちの目がない事を悟った事が、女の表情からうかがえる。

くノ一は再び距離をとった。

そして……

「やあぁぁぁっ!!」

再びヒップアタックをくりだした。

(ぶち込む)

向かってくる、くノ一のヒップアタック。
打点は低い。通常攻撃で俺に一発もあてれなかった。まずは俺に攻撃をあてたいという心理が働いている。
そして、疲労しているため。飛び上がるのではなく、そのまま直線で突っ込む方のヒップアタックをくりだすだろう、その
予想はあたっていた。
平行にまっすぐ、尻が突っ込んでくる。そう――

突っ込むケツ

(突っ込んでくるのだ――)

故に――

俺も――突っ込む!!

※ 関連リンク

下忍昇天

癒しの日

女ザコ

 

© 2013 独立部隊. All rights reserved.

内容は予告無く変更される事があります

悠久の風